こんにちは。理科担当の橋本です。

突然ですが私、理系は「なんで?」という疑問をもてる人、だと思っています。
(ちなみに文系は“物事をそのまま受け入れられる人”だと思っています)

小さい子の「なんでなんで期」もかわいいですが、10代の「なぜ」「なんで?」は楽しいです。

「なんでこの答えになるのですか?」「なんでこの答え方じゃダメなんですか?」
「なぜ原子どうしは離れないのですか?」「この勉強が何の役に立つのですか?(思春期!)」

などなど。

本当に疑問に思っていることもあれば、問題演習からの逃避だったり、自分の考えを確立するための自問自答の延長だったりといろいろですが、個人的にはどんな質問も大好きです。

話がそれました。

質問すると
・自分の考えが整理される
・調べるより早い
・聞いたことの、前後の知識の確認ができる
・周りの人が質問しやすくなる
・学習意欲をアピールできる

というメリットがあります。(なので、学校の先生にも質問に行ってほしい!)

勉強がはかどる質問の代表例は

「なんでこの答えになるのですか?」
「なんでこの答え方じゃダメなんですか?」
「この問題が分かりません」

ですね。立派な「理系の質問」です。

たくさん聞いて、効率よく学習成果を出してほしいです。

橋本


追記 中1の学習で出てくる「ソテツ」です。教科書にも載っていますし、学校や博物館などにもよく植わっているので、探してみるのも面白いかもしれません。
ソテツ