現在、社会の通常授業は期末テストに向けての指導中。

実は今年度から中学生の教科書が改訂となり、学習する順番が変わっています。

現在、中2生が勉強している地理の内容に、時差の計算と都道府県名を覚える単元があります。

中2生は各中学でこの単元が出題されることでしょう。

しかし、この内容、今年度からの新教科書では、中1生の今の時点で勉強している内容でもあります。

したがって、中1生も時差と都道府県名がとても大事。

時差と都道府県名を制するものは、期末を制す。

言い過ぎかもしれませんが、この単元を身につけなければ高得点は取れません。

4月のうちに桐光では時差の計算練習を一時間かけてじっくりしました。

みんな、できるようになっていました。

あとは都道府県名。

テストが近づいてきたら、都道県名テストも実施しようと思っております。

期末まで1ヵ月となりました。

みんな、がんばっていこう!