昨日、静岡県の公立高校入試について、各中学校の臨時休業実施等を踏まえた配慮事項が発表されました。

部活動の大会中止や出席日数など、いくつかの点で各高等学校において配慮するように書かれていました。

そして、出題範囲においては、変更がないことも書かれていました。

中2生と中3生は3月から5月の学校休校で、まだ多くの遅れが出ています。

例年、中3生は6月中にほぼ歴史が終了しているのですが、私の指導する中学ではまだ終了した中学はありません。

一番遅い中学では歴史の教科書のページ数でみると約90ページぐらいの遅れになります。

社会だけでこれだけの遅れ。

この遅れを取り戻すことは簡単ではありません。

9月に行われる第1回静岡県学力調査は範囲もせまくなり、中2までの学習内容からの出題に変更されました。

しかし、入試までの7か月で学ぶスピードはかなりのものになるはずです。

塾生の皆さんは緊張感を持って、1回1回の授業に臨んで下さい。

塾での授業も学校での授業もです。

入試の範囲は変わりません。

これから90ページの遅れを取り戻します。

学習面に関しては緊急事態が続いています。

私も緊張感を持って、全力でサポートしていきます。