5月中旬に実施した、春の確認テスト。

このテストは大きな意味がありました。

1つは、学校休校中の生徒たちの勉強の質を確認する意味。

しっかりと勉強できていた生徒と、勉強が後回しになってしまっている生徒と、点数に大きな違いがありました。

普段、なかなか点数が取れなかった生徒も大きく順位を伸ばしていたり、普段、点数が取れる生徒が大きく順位を下げていたり、勉強の質、量、時間で順位が大きく変わっていました。

テキストからそのまま出題していますので、点数が取れなかった原因の1つは、点数の取れた生徒よりも勉強の意識が下がっていた点もあると思います。

テストをすることで、まずはその部分をはっきり点数で出したかったのです。

2つ目は、勉強の仕方が正しかったのかを確認する意味。

特に中1生は中学校生活初めてのテスト。

テストを返却後、生徒たちとも話をしましたが、テストを甘く見ていたという生徒もいました。

これぐらいの勉強で点数が取れるだろうと、一通り解いてテスト勉強を終了していた生徒もいます。

ただ、それでは点数が取れないのだと、実感した生徒も多かったと思います。

出題範囲の決まっているテストは、とことんやりこむことが大事。

解けなかった問題にこだわって、できるようになるまで、何度も解く。

分からなかった問題は、テスト前にしっかりと質問して解決する。

中1生に限らず、中2生も中3生も、できなかった問題にこだわれた生徒が点数を伸ばしています。

自分の勉強の仕方が正しかったのか、このテストの結果で確認してもらいたかったです。

学校が休校中だからこそ、がんばらなくてはいけなかったテスト。

そして、今年度最初のテスト。

このテスト結果が、この1年のスタート地点。

1人1人が今回のテストの結果を受け止め、どう勉強していけばよいかを考えることで、更なる飛躍ができるように、私もサポートしていきます。