昨日は中2Aクラスの授業日。

私にとって、中2Aクラス2019年最初の授業日。

生徒たちに、年末のブログについて話をしました。

年末の内申データを見てくれていた生徒も何人かいました。

3学期、がんばってもらいたくて、少し話をしました。

2年生の内申点のチャンスは、あと3回。

中2の3学期、中3の1学期、そして高校に送られる中3の2学期の内申点。

この3回で内申点を上げないと。

中3の2学期でがんばっても、それでは遅いかもしれないと。

中3の2学期は、みんなだれもががんばります。

みんなが頑張っている中で、自分のがんばりをアピールするのは、大変です。

ですから、今からがんばれるようになって欲しい。

今からがんばれば、学校の先生にも、がんばる生徒だと思ってもらえることでしょう。

内申点は、テストの点数と違って、すぐに上がるものではありません。

徐々に上がっていくものです。

中3生の中には、入塾から内申点で合計10点上げた生徒がいます。

その生徒は、中3からではなく、中1からすでに少しずつ、少しずつ、がんばっていた生徒。

そして、中3生で見事に目標の内申点に到達しました。

一度に10も上がることは、まずあり得ません。

ですが、ここから1年かけてがんばっていけば、1つずつでも内申点が多くもらえることでしょう。

全部の教科がうまくがんばれないようなら、いくつか教科を選んで、まずはがんばってみよう。

3学期が始まったばかりの今がチャンス。

3学期で内申点を上げられるように、取り組んでみよう。

3学期の内申点が、楽しみです。

中2生も1年後には、高校入試がすでに待っています。