昨日、中郡中の中1生を対象に漢字テストを実施。

しかし、点数があまりよくありませんでした。

範囲の決まっているテストを行ったので、満点が取れて当たり前のテスト。

しかし、バツが10個以上ある生徒がほとんど。

そこで、10分後にもう一度漢字テストをするから勉強をし直すように話しました。

そして、テスト2回目。

ほぼ全員が満点、もしくはバツ1つ。

お家でがんばって勉強もしてきたかもしれません。

ですが、10分間、集中して取り組んだ勉強で、満点がとれる。

集中した勉強ができているかと中1生には話しました。

10分、本気でやったら満点がとれるのに、なんで1回目で満点がとれなかったのか。

お家での勉強がのんびりになっていないか。

今、桐光でがんばった10分間のように集中して勉強ができているか。

ただ勉強をすればいいというわけではありません。

10分間でも意識を上げて集中して取り組めば、のんびり勉強をした1時間よりも、良い勉強ができます。

テストまであと少し、勉強の質を上げてテストまでがんばっていこうと話しました。

本気の勉強と、そうでない勉強では、大きな差が出てしまいます。

今一度、勉強への意識、勉強への取り組む姿勢を考えてがんばってもらいます。