先日、静岡県の公立高校入試の平均点が発表されました。

過去9年間の平均点と共にアップします。
★入試結果

静岡県の傾向としては、国語は点数を取らなければならない教科。

それに比べて、他の4教科は難しい傾向があります。

理科は、今回は平均点が上がっていますが、それでも平均点が低いので、難しいテストです。

数学は、毎年、難しいのが特徴です。

社会に関しては、年々、平均点が下がってきています。

問題を見ると、記述の問題が難しくなっている印象です。

ただ1つ言えることは、静岡県の公立入試の問題が簡単になることはないということ。

難しい入試でも点数が取れる実力をつけなければならないということ。

定期テストで点数が取れても、範囲が広い実力テストでは点数が取れないことは、よくあります。

特に中3生は1年間で力をつけなければなりません。

そのための春の補習であり、21時間チャレンジでした。

桐光は次の公立入試に向けて、すでに動き始めています。