先日行った、中3標準模試。

模試は、今の力をみる、大事なもの。

しかし、模試をそれだけで終わらせるのはもったいない。

多くの塾が模試を行っています。

そして、「見直しておくように」と声をかけると思います。

ですが、私は中3生全員に伝えました。

自己採点をしてくること、いつ追試をされてもいいように準備をすること。

この2つを伝えました。

土曜日に行った模試の自己採点を月曜日に提出してもらいました。

自己採点をすることで、自分の解答をもう一度振り返ることができます。

そして、その答えが丸をもらえる答えかどうか、しっかりと考えることができます。

自己採点は模試が終わったあとに伝えました。

ですから、答えを覚えていない生徒もいたかもしれません。

夏の前半の目標にしてきた模試、自分が全力で考えて答えたなら覚えているはず。

なんとなく模試を受けてはダメ。

しっかりと考えず答えてはダメ。

模試の価値をもっと上げていけば、勉強の精度もあがります。

模試を受ける意味を考えて欲しかった。

模試は宝の山。

その宝は、みんなの取り組み方で何倍もの宝に変わっていきます。

近日中に類題のテストも行う予定です。

類題はもちろん予告なしでいきます。