私にももちろん、先輩がいます。

常に先輩たちを超えられるようにがんばっていますが、さすが先輩、なかなか手ごわい。

そんな先輩の1人が本部校校舎長の相馬先生。

桐光教師としても先輩ですし、同じ中学の先輩でもあります。

地元ネタで話が盛り上がることも。

そんな相馬先生を意識して取り組んでいることの1つが写真です。

実は、私の写真は本部校のブログを意識して撮っています。

その本部校ブログがこちら。
http://honbu.blog.jp/

相馬先生が撮る写真はなんだか生徒が輝いて見えます。

私の写真は全然上手でないので、まずは相馬先生の撮る写真をまねることから始めています。

カメラの角度、距離、色々と工夫しながら、まずは同じ写真を撮ることから始めています。

少しでも、いい写真が撮れるようにと考えて撮っています。

勉強ももちろん同じ。

まずはクラスで1番のがんばり屋をまねてみることが大事。

内申点が一番高そうな子をまねてみることが大事。

同じぐらいの子をまねてはいけません。

「〇〇くんだって、そうだよ。」

そういった言葉は意味がありません。

クラスで1番の子をまねて、同じことができるようにする。

同じことができるようになれば、同じ内申点、同じ点数が取れるはず。

まねることで多くのことを学び、更に考えを深めることができます。

意識してまねてみて下さい。

今よりも上手に自分をアピールすることができるはずです。