1学期の内申分析③。
技能教科で男子と女子に差が出ていることをお伝えしました。
では、具体的にどの教科で差が出ているのでしょうか。
こちらのデータをご覧下さい。

技能教科

技能教科のそれぞれの内申点の比較です。
下の欄は女子と男子の差で高いほうをのせています。
この表を見ると、音楽と美術の差が大きいことがわかります。
どちらも男子の苦手な教科ですね。
体育では男子ががんばっていますが、他の3教科では女子の方が高いです。
この差が大きな差となっています。
先ほどの比較でも述べましたが、9教科の内申点が高校受験では大切です。
男子は「苦手だから」といって女子に負けている場合ではありません。
苦手だからこそ、自分をアピールするポイントを探し、そこで勝負する。
2学期の内申点が全てです。
苦手でもなんでも、自分をしっかりとアピールして下さい。
志望校のために、がんばって下さい。
男子だってきっと内申点がとれます。

ちなみに、私は音楽は5以外とったことがありませんでした。
きっとできると信じて、自分をアピールして下さい。
それが、グッと志望校を近づけます。