こんにちは。
最近、宿題に関してブログを書いています。
タイミングよく、宿題の話になった生徒がいたので、投稿したいと思います。
昨日の授業後にある生徒が残って勉強をしていました。
理由は宿題忘れではなく、もう少し勉強をしたいから、ということでした。
エライ!
それでは残ってがんばりなさい、ということでがんばっていました。
自習も終わり、帰り支度をしながら話をしていると、書き取りの話になりました。
一週間で5ページ提出するところを
「先週は何ページ、出したの?」
と聞きました。
プラス5ページぐらいかな、と思っていたのですが、その生徒の答えは

「先週はプラス155ページです。」

なに~!ということは一週間でプラス150ページ!?
正直、びっくりしました。
他にも聞いていくと、2年生の2学期は英語の書き取りを1000ページ提出したとのこと。
学年トップ10に常に入る彼の力を支えていたのは、正に努力の賜物でした。
皆さんは「そんなにやっても…」と思うかもしれません。
でも、成績上位をキープする生徒の中にはいるんですね、こういう生徒も。
頭で無駄かどうかを判断する前に、まず行動あるべきだと、私も教えられた気がしました。
彼の内申点も、順位はでませんが、おそらく学年トップ10です。
部活も運動部。
皆さんも負けていられません。
努力は必ず報われます。
がんばれ、受験生!